FC2ブログ

FREEDOM DAY~5~

「FREEDOM DAY」第5話、始めます。
先週のゲーセン話の後編です。
ちょい短めの話です。
ぼくたちのたたかい、そのに

(前回のあらすじ)
人間化したフリードは元フォアード四人とゲーセンに遊びに出かけた。
散々、遊び尽くした後でスバルはあるゲームを提案した。
アイスを賭けた勝負らしいが、その内容とは…

ス「これだよ。」

スバルが見せたものはパンチングマシーンだった。

キ「これでゲームをするってことですか?」
ス「うん、名付けて『アイス争奪パンチ力No.1決定戦』!!!」
エ「名付けたわりには、そのまんまですね。」
テ「ていうか、このゲーム明らかあんたに有利じゃない!!」
ス「だから、ちゃんとハンデも付けるって。」

スバルはルール説明をした。

ルールは至ってシンプルなもの。
グローブを付けて、的を思いっきり殴り、スコアを競うというものだ。

ちなみにハンデというのは…

テ「一対四!!?」
ス「そう、私一人と他四人でするの。」

つまり、スバルは一回のプレイに対して四人は四回のプレイのうちの最高記録を競うことになる。

ちなみに賞品のアイスに関してはスバルが勝てば、四人がアイスを一つずつスバルに奢り、負けたら、スバルが四人にアイスを奢るというものだった。

ス「このゲームしたい人~!!」
エ「僕は別にいいですよ。」
キ「わたしも。」
フ「おもしろそうだからいいよ。」

三人が手を上げると余りやる気はなかったがティアナも多数決なら仕方ないと納得する。

ス「じゃあ、まずは私から。」

早速、スバルから始めた。

ス「どりゃーーー!!!」

スバルはかなり本気だった。
例えゲームとはいえ、大好きなアイスがかかっている勝負となれば、本気にもなるだろう。

スバルの記録は255ptだった。
その日のランキング一位に入るほどの記録だった。
ちなみにこのゲームでの平均記録は十代後半で170pt前後である。

テ「こんどは私たちね。じゃあ、最初は誰からする?」
フ「まず、ぼくがさきにする~」
キ「頑張ってね。」
エ「期待してるよ。」
フ「うん!!」

フリードが先にすることになった。
背が足りないので踏み台を使って、台に立った。
そして、プレイの仕方をエリオとキャロに教えてもらった。

フリードはグローブを付けて構えるのだった。

フ「おりゃーー!!」

フリードは思い切り殴った。
すると…

ドカンッ!!!

何か爆発したような音が響いて、周囲が一瞬だけ静かになった。
まさかと記録を見ると……301pt。

ス「………うそ?」
テ「勝っちゃった…?」

つまり、この時点でスバルの負けは確定した。
しかも、たったの一回で…しかも、勝ったのはフリードという…
まさかの大どんでん返しである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カウント数
プロフィール

昇利ライズ

Author:昇利ライズ
エリキャロ愛好家のライズです。
このサイトでは、僕の作ったエリキャロの絵やSSを載せています。

ご意見やご感想がありましたら、拍手でお願いします。
ツイッター:『@zan_rise_nobori


連続更新記録:1096日   (3年)
(12/2/7~14/2/6)

連続更新3年目達成!!!


11101601
↑ ↑ ↑
こちらがリンクバナーです。
ご自由にお貼りください。
貼る場合は僕にコメントを一言、お願いします。

since 2011/8/18~

カテゴリ
最新記事
Twitter
Pixiv

↑僕のこれまで描いた絵です。
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク